沿革

昭和39年 2月 境町大字境乙449 原医院 開設
昭和44年11月 境町大字上武士898-1
原医院本院 開設 木造モルタル平屋建
一般病床 14床
昭和45年 7月 医療法人 原会 設立
昭和45年12月 原病院 設立
鉄筋コンクリート2階建 延面積 1,918.8平米
精神科 100床 一般 7床
昭和50年 4月 原病院:精神科 205床に増床 一般 7床
昭和52年 9月 原病院:日立 頭部CTスキャナー導入
昭和53年 8月 原病院:第2期工事
鉄筋コンクリート2階建 延面積 1,314.48平米
精神科 247床に増設 一般 7床
昭和57年10月 原病院:第3期工事(本館)増設
鉄筋コンクリート3階建 3,663.2平米
354床に増床 一般病床廃止
平成 5年 6月 原病院:第4期工事
レク棟増設 延面積 742.82平米
平成15年 7月 原病院:精神科作業療法開始
平成17年 4月 原病院:東京大学医学部の関連病院となる
平成17年10月 原病院:精神病棟のうち44床を精神療養病棟入院料1へ変更
精神病棟のうち300床を入院基本料5へ変更
平成21年11月 第5期工事 新病棟完成
精神病棟のうち162床を精神療養病棟入院料1へ変更
精神科デイケア開設
平成21年12月 精神病棟のうち138床を入院基本料15:1へ変更
平成22年 1月 精神科身体合併症管理加算 承認
平成22年 2月 療養環境加算 承認


上へ戻る